FC2ブログ

奇跡の一本松

震災から9ヶ月が経ち、今日残念なニュースが飛び込んできました。

陸前高田市の約7万本の松で唯一、津波に耐えて残った「奇跡の一本松」(樹齢260年以上)が海水に浸かった影響で、枝葉の生育が止まり、根が腐り、とうとう枯死に至ってしまったとのこと。

「高田松原を守る会」は、これまで何とか奇跡の一本松を守ろうと、流れ込んだ海水をかぶらないよう排水ポンプを稼働させるなど、懸命な対策を続けてきました。

7月には新芽が点在しているのが確認されましたが、その後、茶に変色するなど樹木の衰弱は進行していたようです。

3ヶ月前に陸前高田市へ足を運んだ時は、遠くのほうから眺めただけですが、とても立派に立っている様子が印象的でした。

そもそも、なぜあの一本松だけが助かったのか?

それは、次の3つの要因が偶然に重なったことだと分析されています。

■近くの建物の存在

その建物とは、一本松の海側およそ15メートルにあった宿泊施設。

地上2階建ての鉄筋コンクリート製で築40年ですが、かなり頑丈な造りになっており、その建物が一本松の壁となり津波の力を左右に分散したため、一本松を津波が直撃しなかった。

■“堤防”の存在

一本松のすぐ北側を流れる運河の「のり面」の高さはおよそ6メートル。

この「のり面」が“堤防”の役割を果たして、津波の引き波が松に直接当たるのを防いだ。引き波は、この法面に当たって左右に分かれ、勢いが弱まったとみられる。

つまり、海側の建物と北側の「のり面」が2つの壁となり、一本松を守ったということ。

■一本松の高さが決め手

高田松原を襲った津波の高さは、およそ18メートルと推定されている。

たとえ、この2つの壁が津波や引き波の力を弱めることはできても、波は、はるかにその上を乗り越えてしまう。

周りにも多くの松があるなかで、なぜこの1本だけが助かったのか。

その秘密は、一本松の高さにある。

平均的な松の高さはおよそ20メートル。一本松はその1.5倍の30メートルもある。

津波が襲ってきたとき、高田松原の松は、引き波で流されてきたがれきが、枝に引っかかることで巨大な力が加わり、倒れたとみられる。

ところが、一本松は、ほかの松よりも背が高く枝が高い位置にあったので、がれきが引っかからずに流されなかったと考えられている。

***

今後、奇跡の一本松がどうなるのか行く末が気になります。

どこかの博物館に展示するとか、それがダメなら魚拓ならぬ“樹拓”や、存在していた場所にノッポの記念碑を建てるとか、何か後世に残せるといいですね。

でも、一本松から採取した枝から4本の接ぎ木に成功したと聞きますし、また、住民が震災前に拾った種子から発芽した約300本の苗も順調に育っているといいますから、確実にDNAは受け継がれているのです。
スポンサーサイト



テーマ : 東日本大震災
ジャンル : ニュース

ボランティア活動仲間のブログ

今日は成田山で被災者のご供養と、復興を祈願した「お焚き上げ」が行われました。

陸前高田市の津波に流された松を使用しているそうです。

あと、仙台空港も全面復旧しましたね。

しかし、

ニュースで見ると「あー復興が進んでいるんだなぁ」という印象しか受けないのがちょっと気になりました。

現地では、まだまだ手つかずの地域もたくさんあるでしょうから、

マスコミにはそういった日々の現実も、取り上げてほしいものです。


さて、一緒に参加したボランティア仲間の班長からブログアップのお知らせが届きましたので

ご紹介させていただきます。(といってもまだこのブログほとんど無名なのですが・・・)

私の記事よりも詳細な内容で、これからボランティア活動をしてみたいと思われている方には

特におススメです。



<今回参加したツアー会社のブログ>

ケッパレ!岩手ケンポクブログ ←クリック

<お世話になったF1大好き男前班長のブログ>

Formula1 PADDOCK! ←クリック

テーマ : 災害ボランティア
ジャンル : 福祉・ボランティア

ボランティア活動

おびただしい数の瓦礫や、ペシャンコになった車の群もみんな人の手によって少しずつかき分け集められ

これでも以前に比べれば綺麗になったそうです。


今回私は、9/10・11と2日間のバスツアー(参加者39名)に参加、陸前高田市のボランティアセンターに

寄せられたある住民の方からの依頼をお引き受けすることになりました。

外国人の姿も見受けられます。

陸前高田市災害ボランティアセンター


ボランティアセンターに寄せられた依頼内容によりますので、当日まで何をするのかはわかりません。

ひたすら工場内で機械や部品の金属の錆を落とすという仕事もあるそうです。



今回の活動場所

ここが今回依頼のあったお宅です。写真は、草むしり~瓦礫~泥だしと一通り作業が終わったところです。

39名が力を合わせると本当に早くて、あっという間です。

もし、個人でやってたら、きりがないという気持ちなってしまい、きっと作業が捗らないことでしょう。





そして、


2日間の作業を終える頃、サプライズが起きました!


なんと、そこに住んでいた依頼主の方にお会いできたのです。


軽トラックの荷台に積まれた籠の中にはりんごの山


それを参加メンバー全員に一つ一つ手渡しで下さったのです。

依頼主の方からりんごの差し入れ

「ここを通るたびに、いつも感謝の気持ちでいっぱいでした。」


「でも、私ではどうにもすることができないから、頑張っている皆さんのためにさっき採れたりんごを
持ってきました。」


「家は建てて10年でこうなってしまったけど、りんご農園だけは被害にあわなくて済んだもので。」



人の役に立てたと感じた瞬間でした。


本当においしくて、忘れられない味でした。

テーマ : 災害ボランティア
ジャンル : 福祉・ボランティア

現実を知る

「聞くと見るとは大違い」と言いますが、実際に現地へ足を運ぶと

報道ではあまり取り上げられない細かな部分まで目にすることになります。



集められた車の群

津波の破壊力を物語っています



5階の高さまで津波が・・・ 建物と瓦礫の山

とてつもなく高い津波が建物を飲み込みました



無くなった道路 陥没した道路

新しい道路が建設されているのではありません



海が陸地まで 変えられた海岸線

すべての堤防は破壊され、海岸線が何十メートルも陸地まで乗り込んできました。



海水は今も 80cmの地盤沈下

川ではありません。80cmほどの地盤沈下のせいで、海水が引かぬまま覆っているのです。

テーマ : 災害ボランティア
ジャンル : 福祉・ボランティア

9・11

DSC_0087.jpg

この写真は、東日本大震災からちょうど半年、岩手県陸前高田市で撮影したものです。


手前の瓦礫の山がなければ、一見開発地帯とも錯覚するほどの光景です。



でも、ここには、街がありました。人がいました。


それを想像しようと試みましたが、ダメでした。


目の前の光景にただ、ただ、目を奪われるばかりです。

テーマ : 災害ボランティア
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

gaku+

Author:gaku+
ニックネーム GAKU(本名:まなぶ)
1974年生まれ B型 水瓶座
平成6年から都内の某放送通信系企業に就職
技術・営業・企画と携わり現在に至る

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ACCESS