FC2ブログ

やる気が起きないとき

何をするにも最初の一歩目が一番エネルギーを使います。

朝起きるのも、掃除をするのも、宿題を始めるのも・・・

でも、車や電車と同じで、一度動き出して車輪が回り始めれば、けっこう後は楽になるんですけどね。


それはわかっていても、ボーっとしてしまったり、気分を変えようとか、漠然と考えてみるんですけど、

結局ダラダラ時間が過ぎるだけ。


こういう場面は日常生活で頻繁に直面します。


そもそも、やる気が起きないのは、行動を起こすだけの十分なインセンティブが自分に働かないからでしょうが、

それをいくら頭の中で変えようとしても無理なんですよね。


最終的には、やらなければならないリミット寸前になって、いやいや始めたりする。

私も小さい頃の夏休みの宿題なんかまさにそれでした。


では、やる気が起きないとき、どうすればよいか?

それは、

やり始めるしか、他に方法はない”と割り切る。

答えになっていないかもしれませんが、私は、これしかないと諦めています。


これには立派な科学的根拠がありまして、行動を起こさないと脳の“やる気”を司る神経が刺激されないのです。

脳の部位に側坐核(そくざかく)という場所があって、ここがやる気発生装置のスイッチの役目を果たしています。

この側坐核は、頭で「やる気を出さなきゃ」と思ってもなかなか働き出してくれず、刺激を与える必要があるのです。

その刺激というのが、“とりあえずやる”ということなのです。

このように作業を始めてみるとだんだん気分が盛り上がってきてやる気が出てくることを“作業興奮”といいます。


このことを知ったお陰で、以前に比べると重い腰を上げやすくなったように思います。

コツとしては、最初から全部やろうとせず、簡単なところから始めてみるというのがおススメです。

私の場合、仕事を例にとると、次の日に一番簡単ですぐに終わる仕事をあえて残して帰るなんてことも良くあります。
スポンサーサイト



テーマ : 心の持ち方
ジャンル : 心と身体

プロフィール

gaku+

Author:gaku+
ニックネーム GAKU(本名:まなぶ)
1974年生まれ B型 水瓶座
平成6年から都内の某放送通信系企業に就職
技術・営業・企画と携わり現在に至る

カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ACCESS