FC2ブログ

表現力を高めるには

表現力は、相手にどううまく伝えるかの能力であり、“話し方”もその一つです。

よく引用される法則で「メラビアンの法則」というものがあります。

相手とのコミュニケーションに影響力をもつ要素の割合は、

■表情・態度55%

■声のトーン38%

■言葉7%

というもの。

科学的にはちょっと怪しい面もありますが、話の中身そのものよりも、表現力が非常に重要であるという点では、

強ち間違いではないと思います。

これほどまでに表現力は非常に重要な能力ですが、これを教えてくれる学校や講座などは、何故かほとんど見当たりません。

文章による表現力を高めるための本やテキストなどは、たくさんあります。

ビジネスパーソン向けの企画書の書き方、みたいな本は、書店に行くとたくさん平積みされています。

また、歌や踊りや演劇など芸能に関する仕事を目指している方は、レッスンを通して学ぶ機会は多いかもしれません。

しかし、私のような会社員向けの“表現力UP実践講座”みたいなものが無いのは不思議です。

数年前に「表現力のレッスン」という本に出会ったのですが、その著者は、やはり舞台演出や脚本を手掛けられた方でした。

表現力のレッスン

そのレッスンの内容も、一人でやるボイストレーニングみたいなものは少なく、二人以上で身体を動かしながら行うといったものが主です。

そもそも、表現とは相手に対して行うものですから、レッスンとなるとパートナーが必要という点において、実践することの難しさを記憶しております。

ただし、日常生活でも表現力を高められるヒントが一つありました。

それは、

相手の事情をよく知る

ということ。

著者は、「より良い表現をするためには、相手の事情を理解する必要がある。」と述べています。

確かに相手に無関心では、髪を切ったことや、体調不良などに気付かないでしょうから、表現のしようもありません。

小学生の頃、興味のない本を無理やり読んで読書感想文を書くのに悩むのと似ています。(笑)


そう考えいくと、表現力というのは、まずは自分の持つ、感情や情熱などのエネルギーを高めることが大事。

そして、そのアウトプットは自然に任せるべきであって、どう表現しようと考えるのはナンセンスなのかもしれません。
スポンサーサイト



テーマ : 心と身体
ジャンル : 心と身体

プロフィール

gaku+

Author:gaku+
ニックネーム GAKU(本名:まなぶ)
1974年生まれ B型 水瓶座
平成6年から都内の某放送通信系企業に就職
技術・営業・企画と携わり現在に至る

カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ACCESS