FC2ブログ

あきさせない努力

50名のプロのものまね芸人が選ぶスゴイものまね芸人のランキングという番組を観ました。

第一位に選ばれたのが、日本人で知らない人はいないであろうコロッケさんでした。

芸歴31年


ものまね番組は大好きで、小学校に上がる頃から、ずーっとテレビで見てきました。

友達同士でふざけあいながら、ものまねしたり、カラオケで歌真似したり、改めて思うと、ずっと影響を受けていたんですね。

コロッケさんは、その中でも本当にものまね界のパイオニアです。

昔、六本木の飲食店で偶然お見かけしたこともありました。お話した訳ではないですが、雰囲気から何となく、

腰の低い方という印象を受けたのを覚えております。

芸歴30年以上で、今でも第一線で活躍されている芸人さんは他にもいらっしゃいますが、番組の司会や役者など

他の活動がメインの仕事となり、当時のネタを目にする機会はほとんどありません。

しかし、その中で、若手と交わいながらガチンコで芸を披露し、しかも勝敗を審査されるという過酷なものまね番組に挑戦し続けるというスピリットには脱帽です。


声というのは声帯の手術でもしない限り、自分で変えることはできませんので、ものまねのレパートリーは限られます。

新たな有名人が輩出され、自分に似た声を持つ人であれば新ネタに加えることはできますが、

ものまね芸人がテレビに登場し始めたときを上回るインパクトを与えることは非常に困難です。

最初は新鮮で斬新なネタや、得意なものまねでインパクトを与えますが、次第に同じネタをリピートすることになると、飽きられてしまうのは仕方がないことです。

では、コロッケさんはどうかというと、新しい人のネタも取り入れていますが、古くからやっている人のものまねのほうが多いです。

それに特徴は捉えているけれども、完璧に似ているわけではありません。

どれだけ似ているかという点では、若手や最近の新人のほうが遥かに優れています。

しかし、声に顔や身体の動きを加え、全身を使ったあのデフォルメは、誰にも真似できないでしょう。

とにかく笑ってしまうのです。

特にロボットの動きで表現するなんていうのは、コロッケさん以外にできる芸当ではありません。

あのロボットの動きは、相当ダンスの経験を積まないとできない動きです。


一見同じようでも、少しずつ進化させて、見る人を飽きさせない。

その厳しさ、難しさがわかるプロ同士の世界だからこそ選ばれた第一位です。
スポンサーサイト



テーマ : TV番組
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

gaku+

Author:gaku+
ニックネーム GAKU(本名:まなぶ)
1974年生まれ B型 水瓶座
平成6年から都内の某放送通信系企業に就職
技術・営業・企画と携わり現在に至る

カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ACCESS