FC2ブログ

究極の判断力トレーニング

“インバスケット”という言葉をご存知でしょうか?

インバスケットとは、1950年代にアメリカ空軍で生まれたトレーニングツールで、

制限時間内に架空の役職・人物になりきり、多くの未処理案件の処理を行うビジネスゲームです。

現在、日本の大手企業の多くが、管理職の教育や昇格試験などに採用しています。

学校のテストとは全く異なり、一問一答形式ではなく、また明確な答えはありません。 

それと、数十もの案件が出題されますが、それに対し、答えを選択肢の中から選ぶのではなく、どうアクションするかを思いつくままに記述していきます。

制限時間は非常に短く、一つの案件に対し、平均すると2~3分で回答を記述していく必要がありますので、

一つの案件にこだわっていると、あっと言う間に時間が無くなってしまいます。

やってみたことのある人は分かると思いますが、あれほど急いで脳をフル回転させることは、普段の生活ではまずありませんし、

実際に仕事で起きる様々なトラブルへの対処という点でも、これほど数多く重なることも、時間に追われることもないでしょう。

まさにインバスケットは、究極の判断力トレーニングです。

具体的にはどんな内容かといいますと、あくまで簡単なイメージですがこんな感じです。

(自分はA課長という設定)

■案件1:部下B「最近Dさんが元気ないようです。課長からも励ましてやってください。」

■案件2:C部長「きみの部署の成績が良くない。この数字を見てみろ。すぐに改善するように」

■案件3:部下Dさん「お得意さまより、納品された商品が注文した数より少なくてとてもご立腹です。どうしたらよいでしょう?」

このような案件が数十件と続きます。

順番に回答する必要はありません。

寧ろ、案件同士に関係性があり、後の案件が前の案件でどう判断すればよいかのヒントになるケースもあります。

全体像を把握する力、多角的に分析する力、重要度と緊急度に照らし合わせて優先順位をつける力、想像力を働かせて問題解決する力など、

ほかにも様々な能力が試されます。

最近ではインバスケットの本も出版されていますので、手軽にゲーム感覚で読んでみるものいいでしょう。

インバスケット思考
スポンサーサイト



テーマ : 資格・スキルアップ・仕事
ジャンル : ビジネス

プロフィール

gaku+

Author:gaku+
ニックネーム GAKU(本名:まなぶ)
1974年生まれ B型 水瓶座
平成6年から都内の某放送通信系企業に就職
技術・営業・企画と携わり現在に至る

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ACCESS