FC2ブログ

失敗から学ぶ

“リスクマネジメント”という言葉を数年前からよく聞くようになりました。

個人情報漏洩、現場での事故、商品の安全性、緊急災害時の対応など、企業の存続に関わる大きなトラブルを未然に防ぐための対策として重要視される傾向にあります。

“なぜ近年になってから盛んに叫ばれるようになったか?”を考えたとき、

一つの仮説として「今まで多くの企業は失敗から学んでこなかった」が浮かび上がります。

昨日ご紹介した『7つの危険な兆候』の著者はこう指摘しています。

■失敗から学ぶためには、しかるべき動機がなければならない。(多くの企業は構造的にその動機が薄い)

■軍や病院、航空会社のように生死のかかった状況に関わるものでなければ、失敗から学ぼうとする組織は少ない。

さらに付け加えて、失敗から学ぶことにかけては、航空会社がベストであると述べています。

■軍の部隊の指揮官がミスを犯せば、兵隊は死ぬ。指揮官はおそらく死なない。

■医師がミスを犯せば、患者は死ぬ。医師は死なない。

■航空会社のパイロットが最悪のミスを犯すか、計器が狂うかすれば、本人も乗員もろとも死ぬ。

⇒つまりパイロットは、全員がミスを避けるように徹底される動機が極めて大きい。

この指摘は、人の生死に関わらない仕事をしている人にとっても、逆にいい教訓となるでしょう。

普段から気をつけているつもりでも、ちょっとした油断がミスにつながる。

心の底から反省し、緊張感をもって望まないと同じ失敗を繰り返すということです。
スポンサーサイト



テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

gaku+

Author:gaku+
ニックネーム GAKU(本名:まなぶ)
1974年生まれ B型 水瓶座
平成6年から都内の某放送通信系企業に就職
技術・営業・企画と携わり現在に至る

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ACCESS