FC2ブログ

疫学とは

疫学(えきがく)という学問(研究分野)があることを最近知りました。

疫学とは、「集団をとおして見られる疾病の主に発生頻度の法則性から、疾病の分布状態を調査し、統計的な有意性が認められるかどうかにより、その因果関係を立証しようとする学問」

これだけでは良く分からないので、図を用いて疫学の具体的アプローチの例を挙げます。

疫学の考え方

■特定の地域で、ある病気が発生し、調査したところ、その人数が(ア)だとします。
⇒これだけでは、地域と病気との因果関係は何も証明できません。

■特定の地域で、同じ時期に病気にかかっていない人数は引き算でわかりますから(イ)になります。
⇒特定地域における病気発生の割合までは算出できますが、やはり因果関係は証明できません。

■その他の地域で、同じ時期に病気が発生した人数は(ウ)になります。
⇒仮にこの時点で(ア)>(ウ)となったとしても、特定地域が病気にかかりやすいとはいえず、最後の(エ)を調べる必要があります。

■その他の地域で、同じ時期に病気にかからない人数は(エ)になります。

(ア)~(エ)の4項目が全て調査できると、特定地域と、その他の地域における病気の発生割合が比較できるようになります。

つまり、病気にかかる割合を(ア):(イ)と(ウ):(エ)で比較し、(ア):(イ)の割合が多いということになって初めて因果関係を示す一つの根拠となるわけです。

実際に立証するとなれば、こんな単純計算だけで成立するものではありませんが、疫学の考え方は示したとおりです。

福島原発事故においても放射線に関するこのような疫学調査が始まっています。

何十年もの間、定期健診を受けることになるわけです。

万が一の早期発見と国の補償問題への対応のためとも取れれば、将来における疫学発展のための統計調査という批判もあります。

しかし、その真相は二者択一で導き出されるものではないですし、地元の方の心情を察すれば、そのような議論は避けるべきです。
スポンサーサイト



テーマ : 原発・放射線量
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

gaku+

Author:gaku+
ニックネーム GAKU(本名:まなぶ)
1974年生まれ B型 水瓶座
平成6年から都内の某放送通信系企業に就職
技術・営業・企画と携わり現在に至る

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ACCESS