FC2ブログ

理念・ビジョンはなぜ大切か

企業理念とは、企業の存在意義や果たすべき使命を定義したものです。そして、目指すべき姿を描いたものがビジョンです。

企業理念の多くは抽象的な言葉で表現されています。

例えば、ソフトバンクは「情報革命で人々を幸せに」ですし、ホンダは「The Power of Dreams」です。本田宗一郎氏が最も好んだ言葉が「夢」でした。

一人一人の社員は、営業の仕事であったり、技術の仕事であったり、役割はそれぞれ違います。

しかし、“それは何のため?”を繰り返して考えていくと、この理念に辿り着くわけです。

仕事の役割は違っても、ベクトルの方向は同じであることを示しているわけです。

また、大事な意思決定を行うとき、行き詰ったときに立ち返るべき原点ともいえます。

ベクトルの方向が狂えば、組織がバラバラになったり、取り返しのつかない経営判断をし兼ねません。

ですから、経営陣から社員一人一人まで、浸透させることが大切となります。

世界の5ツ星ホテル「リッツ・カールトン」では、全従業員が「クレド」と呼ばれるカードを常に携帯しています。

そして、クレドカードに書かれていることを従業員一同が心こめて唱和するということが毎日行われています。

参考までに、リッツ・カールトン・ホテルの「クレド」を一部ご紹介します。

---以下引用---

 リッツ・カールトン・ホテルは
お客様の心のこもったおもてなしと
   快適さを提供することを
もっとも大切な使命とこころえています。

私たちは、お客様に心あたたまる、くつろいだ
   そして洗練された雰囲気を
常にお楽しみいただくために
最高のパーソナル・サービスと最高の施設を
提供することをお約束します。

リッツ・カールトンでお客様が経験されるもの、
それは、感覚を満たすここちよさ、
満ち足りた幸福感、
そしてお客様が言葉にされない
願望やニーズをも先読みしておこたえする
サービスの心です。

最後の“お客様が言葉にされない願望やニーズをも先読みしておこたえする”という部分が特に際立っていますね。

私の会社でも“フィロソフィー”と呼ばれるカードを経営者と社員全員が常に携帯しており、週一回ですが朝礼で唱和しています。
スポンサーサイト



テーマ : 企業経営
ジャンル : ビジネス

プロフィール

gaku+

Author:gaku+
ニックネーム GAKU(本名:まなぶ)
1974年生まれ B型 水瓶座
平成6年から都内の某放送通信系企業に就職
技術・営業・企画と携わり現在に至る

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ACCESS