FC2ブログ

道を切り開く

私のブログを読んで、みなさんは何を感じられているのか、すごく気になります。

「確かにそうだ」、「なるほどそういう見方もあるか」、「いやそれは違う」、「よく分からない」、「つまらない」、「何偉そうに書きやがって」・・・

厳密にいいますと、実は“何を”感じるではなく、“何か”感じているのかが気になっています。

なぜなら、私がブログを書く理由は、自分のためでもありますが、読んでもらう方に何かを感じたり、考えたりしていただきたいからです。

だから肯定的か否定的かは二の次なのです。

私自身も反面教師として感謝している人物もいますし、誰かに何かを学ぶということは、正しいだけ、成功している人だけの意見を鵜呑みにすればうまくいくというものではありません。

自分自身の感情や思考を大切にし、思い切って意見をぶつけてみる。

すると、ボールのように最初は必ず反発して返ってきます。

そして、その反発は、自分の意見を客観的に捉えるきっかけを与えてくれます。

そこには、いままで見えなかった新たな発見があるでしょう。

また練り直してから、ぶつけてみる。

これを繰り返していくうちに、だんだんと自分の主張という道が開けてきます。

批判を恐れて何も意見をいいたくない気持ちは誰にでもあります。

しかし、ボールを握ったまま自分の頭で考えているだけでは成長は乏しい。

内容はともかくとして、熱く語られると、何となく吸い寄せられるようにその意見に同調することってありませんか?

熱意や自信が込められているほど説得力は増します。そして、意見も通りやすくなる。

そもそも、正しいか正しくないかなんて、未来に向かってみんな生きているわけですから、分からないことのほうが多くて当たり前と考えるほうが自然です。

自信をもって意見を主張するには勇気がいりますから、容易ではないでしょう。

しかし、自信をもって反対意見を主張するのはもっと難しい。

正論だけでヒトの感情を動かせるなら、これほど楽なことはありません。

自分自身で感じ、考え、意見を持つ。そして、熱意をもってぶつけてみる。

「これ、すなわち道を切り開くなり」

最後に私の好きな名言をご紹介します。

***

アントニオ猪木「道」

この道を行けばどうなるものか、危ぶむなかれ。

危ぶめば道はなし。

踏み出せばその一足が道となり、その一足が道となる。

迷わず行けよ。

行けばわかるさ。
スポンサーサイト



テーマ : 自己探求
ジャンル : 心と身体

プロフィール

gaku+

Author:gaku+
ニックネーム GAKU(本名:まなぶ)
1974年生まれ B型 水瓶座
平成6年から都内の某放送通信系企業に就職
技術・営業・企画と携わり現在に至る

カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ACCESS