FC2ブログ

たまに顧みる

「顧客」という言葉は、“顧みる”(かえりみる)という漢字が使われています。

企業にとっての「顧客」は原点であるということを示唆しています。

「企業の目的の定義は一つしかない。それは顧客を創造することである」

これは有名な「マネジメントの父」と呼ばれるピーター・F・ドラッカーの名言です。

ドラッカーは『もしドラ』で爆発的ヒットを記録し、多くの書籍も出版されていますので、読まれた方も多いのではないでしょうか?

ドラッカーのマネジメントや経営学は、インターネットがこれほど普及した今はもとより、将来にわたり決して色褪せることはないでしょう。

それは、『人間の幸せ』を原点にした考え方だからです。

ドラッカーについては、また改めて取り上げたいと思いますが、ドラッカーに限らず、一度本を読んだぐらいでは、そのときの満足で終わってしまいます。

やはり本を読み返す、関連する本を読んで重ね塗りするなどしないと、なかなか記憶に残りません。

また、一般化された考え方を実践するには、自分が取る行動を照らし合わせて考える必要があります。

とはいえ、行動だけが道をそれてしまうことは少なくありません。

だからこそ、客観的な視点で“たまに顧みる”必要があり、これを習慣にすることが大事。

F1レースは、たまにピットインして車体をメンテナンスし、そしてドライバーが運転を再開します。

これは、途中でオーバーヒートやコースアウトしないよう、長い道のりを完走するために必要不可欠なことだからです。

知識と行動の関係も同じことがいえるでしょう。
スポンサーサイト



テーマ : 自己啓発
ジャンル : ビジネス

プロフィール

gaku+

Author:gaku+
ニックネーム GAKU(本名:まなぶ)
1974年生まれ B型 水瓶座
平成6年から都内の某放送通信系企業に就職
技術・営業・企画と携わり現在に至る

カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ACCESS