FC2ブログ

消費税を考える

日本の財政破綻を防ぐには、税収を増やし、歳出を削減する。この2つしかありません。

うちの会社は幸い増収増益なのですが、それでも毎年予算は厳しくチェックされ、収益を増やすことと費用を削減することそれぞれに具体的な戦略と目標が定められます。

これと同じように国の財政を安定化させるには、歳入と歳出両方に切り込まなければなりません。

本来は景気が回復することによって、税収が伸びることが望ましいのですが、米経済も深刻な財政問題を抱えており、外需依存の日本にとっては、景気回復の見通しが立たないのが実情です。(今の円高不況がそうですね)

ですから、成長戦略を掲げることはもちろん大事なのですが、待ったなしの今の状況では、増税や歳出削減等の財政再建は不可避なのです。

放置しておくと、ギリシャやその他欧州の財政危機のような事態を招きかねない。

「そんな大げさな・・・日本は大丈夫でしょう」

私もそう思っていました。

しかし、金融市場の存在があることを忘れてはいけません。

株やFXなどの投資をやったことがある方なら誰でもわかると思いますが、実経済よりも金融市場はそれを先導するように動きます。

「あの国は危ない!」と噂されれば、マーケットはそのように動きます。

外国のヘッジファンドの注目は、今は欧州ですが、それも一段落すれば次のターゲットに狙いを定めるでしょう。

もし、日本に照準を合わせてきたらどうなるでしょうか?

日本が財政再建への取り組みに遅れ、失敗するストーリーは、ヘッジファンドの格好の餌食です。

ですから悠長なことは言っていられない。

ギリシャをはじめとする欧州各国は、すでに消費税が20%近くかそれ以上です。

これ以上国民に負担をかけられない構図になっているから財政再建が難航しているのです。

その点日本は、先進国の中で消費税がダントツに低いので、まだ希望の光が射しているといえます。

使い道をしっかりと示し、もちろんその結果も示すということが大前提ですが、もはや消費税10%(ひょっとすると将来はそれ以上)は避けられない状況です。

テーマ : 税金
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

gaku+

Author:gaku+
ニックネーム GAKU(本名:まなぶ)
1974年生まれ B型 水瓶座
平成6年から都内の某放送通信系企業に就職
技術・営業・企画と携わり現在に至る

カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ACCESS