FC2ブログ

価値について考える

『人の価値とは、その人が得たものではなく、その人が与えたもので測られる。』

これはアインシュタインの名言です。

人には皆それぞれの欲求があります。

「お金持ちになりたい」「偉くなりたい」「有名になりたい」「好きな人と幸せに暮らしたい」など。

これらの欲求を満たせるかどうかは、自分がその欲求に見合うだけの価値を与えることができるかどうかで決まります。

欲求とは、相手から見れば欲しいと言われている状態ですから、相手にしてみても、与えることで、それなりの価値が得られるかどうかを考えるわけです。

お金は誰が使っても1万円は1万円で、人によって価値が変わることはありません。

ですから、1万円と千円を交換する人はいません。

しかし、価値にはお金だけでなく、モノ、情報、時間、ヒト(の行動や感情)などといったものがあります。

世の中は人や企業が価値を交換しながら回っているといっても過言ではありません。

人と企業の場合、価値として使われる片方は“お金”です。

企業はモノやサービスを提供してお客様からお金をいただきます。また、社員の労働に対してお金が支払われます。

人と人の場合は、必ずしもお金が絡むとは限りません。

単なる情報交換だけの場合もあれば、相手を食事に誘って情報を得る場合もありますし、好意の相手には、喜んでくれることを期待してモノをプレゼントする場合などがあります。

価値が釣り合わないにも関わらず交換するとどうなるでしょうか?

企業であれば返品やクレームにつながったり、人同士の場合は、価値観が合わなくなり、縁が薄れていくかもしれません。

話を最初の方に戻しましょう。

満たしたい欲求はあるが、果たして自分はどんな価値を与えられるのか?

例えば、もっと給料がほしいのであれば、他と比べる前に、まずは自分の仕事を定量化し、実際にどれだけ会社に貢献しているのかを経営者側の視点に立って考える必要があると思います。

あとは価値を上げる努力の積み重ねです。

とは言われても、「自分は十分努力してきた。これ以上の魅力や才能を発揮するのは難しい」と思うかもしれません。

自分もそうでした。

前にも書きましたが、技術職では自分の限界を知り、これ以上のスキルを身につけてやっていくのは難しいと感じたのです。

しかし、転機が訪れました。

それは、営業職に配属されたことです。

技術をある程度知り、そのうえ営業もできるようになると、活躍できる場面が広がりました。

ドラクエでいえば、『魔法使いと僧侶の経験を積み、賢者になる』みたいなものです。

一つの価値を極めるのは、ものすごく大変です。努力だけでなく、もって生まれた才能も左右するかもしれません。

ですから二つ目の価値に目を向けて努力してみる。

総合価値は、それら両方を足したものではなく、価値と価値の掛け算になるはずです。

すなわち、それだけ希少価値が高まるわけです。

組み合わせは無限大ですから、可能性も無限大です。

最近テレビで大活躍のモノマネタレント、青木隆治さん、荒牧陽子さん、お二人とも本当はプロの歌手を目指していました。

あれほど複数の歌手のモノマネが似ているのは、歌をずっと練習してきて、声帯を動かす技術が優れていることと、歌がそのものが上手いからです。

『ビジュアル×歌の上手さ×技術』といったところでしょうか。

私自身も、皆様の時間という価値に見合うブログの価値を提供できるようこれからも努力して参ります。
スポンサーサイト



テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

プロフィール

gaku+

Author:gaku+
ニックネーム GAKU(本名:まなぶ)
1974年生まれ B型 水瓶座
平成6年から都内の某放送通信系企業に就職
技術・営業・企画と携わり現在に至る

カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ACCESS