FC2ブログ

東京湾にも高い放射性物質

昨日のNHKスペシャルで「知られざる放射能汚染~海からの緊急報告~」という特集を観ました。

原発事故直後の国の見解では、放射性物質は潮流によって次第に拡散し薄まるので、魚や海藻類への影響は少ないとのことでしたが、研究者と地元の漁師とNHKの調査によって実態は全く異なることが判明しました。

福島原発から半径20km圏内で調査した結果、海底の泥に高い放射性物質が溜まっており、海底の“ゴカイ”を食べる魚に暫定基準値の500ベクレル/kgをはるかに上回る放射性物質が検出されました。

検出された値は、チェリノブイリ原発事故より高い値のため、最低でも今から2年半は調査する必要があるとのことです。

福島県から南の茨城県の漁港では暫定基準値500ベクレル/kgを超える値の魚介類が検出されていないため、今のところ漁業が続けられていますが、今年の4月には暫定基準値が100ベクレル/kgに下げられるため、漁業関係者への不安が広がっています。

茨城県北部の沿岸ではそれほど高い値は検出されなかったのですが、その南の茨城県中部で福島原発20km圏内の海底に生息する“ゴカイ”と同じ300ベクレル/kgという高い値が検出されました。

さらに原発から180km離れた千葉県銚子沖では、昨年10月に調査した結果よりも3倍の112ベクレル/kgに増加していました。

海底の放射能汚染は、薄まるどころか着実に広がってきていることを示しています。

放射性物質は、海況によって局所的に集まりホットスポットを生み出したりするため、リアルタイムでどこに高い値が存在するかを知るのは困難です。

内陸の群馬県の湖でも高い値が検出されました。湖は海とは違い、水の流れがほとんどないため、長期間に渡って汚染が続きます。

ウクライナのチェリノブイリでは、25年経った今も調査が続けられているそうです。

国の調査は、陸に関してはようやく調査結果が示されましたが、海、そして手付かずの湖や沼など、まだまだやるべきことが山積みです。

そして、気になるのは東京湾です。

アクアラインの南から東京湾の奥にかけて、ほとんどの海域では高い値は検出されませんでした。

しかし、江戸川と荒川の河口付近では、最大で872ベクレル/kgと原発20km圏内の海と同じぐらいの値が検出されました。

これは、市街地に降った雨水が泥と一緒に少しずつ川に流され、東京湾の河口付近にホットスポットを作り出したと考えられています。

今は局所的で、魚への影響は出ていませんが、これから雨が降るたびに東京湾に溜まっていき、海へ広がりをみせると危険です。

研究者によると2年2ヶ月後が最も東京湾の汚染が深刻になると報告されています。

その汚染は10年以上続くと考えられています。

放射性物質は見えないところで今も動いているのです。

これからも注視していく必要があります。
スポンサーサイト



テーマ : 放射能ニュース
ジャンル : ニュース

プロフィール

gaku+

Author:gaku+
ニックネーム GAKU(本名:まなぶ)
1974年生まれ B型 水瓶座
平成6年から都内の某放送通信系企業に就職
技術・営業・企画と携わり現在に至る

カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ACCESS