FC2ブログ

やらない選択

選択には、どれかを選ぶという選択もあれば、“やる・やらない”の意思決定も選択の一つです。

両者の決定的な違いは、前者はどれかを選ぶわけですから、自分の意思決定に基づきますが、後者は“やらない”と意思決定しなくても、“やる”を選択しない限り、時間の経過と共に“やらない”を選択させられるという点です。

人には『現状維持のバイアス』という、未知なものや未体験のものを避け、現状のままでいたいとする心理作用が働きます。

これは、恐らく生物にとって最も大切である身の危険から避けるという本能からくるものなのでしょう。

ですから、新しい行動を起こすことは誰にとっても難しく、無意識のうちに“やらない”選択を強いられていることが多くなります。

「あのときやっていれば・・・」と後悔するのは、自分の意思で“やらない”と決めずに、時間が経過してしまった場合に起きるのだと思います。

自らが意思決定を行った選択において、後悔することってあるのでしょうか?

私は、後悔するのは他人を傷つけてしまった場合だけだと思っています。

自分のことに関しての意思決定で後から後悔するとしたら、それは選択が間違っていたのではなく、それまでのプロセスに問題があると考えます。

本当は後悔しないはずのものを後悔していると考えます。

なぜなら、もう一つの選択をしていた結果は誰も検証することができないからです。

それともう一つは、過去を振り返り反省ができるということは、その選択をした結果の先に、それだけ成長した自分がいるからです。

今の自分が過去の選択をすることはできません。あとになってわかることがどれだけ多いことか。

つまり一番の課題は、無意識のうちに“やらない”選択に強いられないようにし、“やらない”にしても、自らの意思決定によってそうすることだと思います。
スポンサーサイト



テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

プロフィール

gaku+

Author:gaku+
ニックネーム GAKU(本名:まなぶ)
1974年生まれ B型 水瓶座
平成6年から都内の某放送通信系企業に就職
技術・営業・企画と携わり現在に至る

カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ACCESS