FC2ブログ

数学を考える

学校で一生懸命に習った数学も、社会人になってからはほとんど四則演算しか使っていません。

たまに一次方程式で考えるときがあるくらいでしょうか。

微分積分や三角関数など、高校時代に一生懸命習ったはずですが、これらを使う仕事って何かを開発するようなエンジニアに限られているのでしょうか?

おそらく、エンジニアに限らず、身の回りの出来事を考える際に、数学がわかると非常に便利なのでしょうが、具体的にどう結びつければいいのかわかりません。

簡単に数学を覚えられたらと思い、こんな本を買って読んでみたのですが、さらっと書かれているわりには、やはり数学の中身にはついていけませんでした。

数学を知らずに経済を語るな!

でも、ひとつだけ面白いクイズがあったのでご紹介します。

亀が歩いています。

この亀、最初の一分間では1mを歩きます。

次の一分間では、その半分の1/2m歩きます。

さらに次の一分間では、そのまた半分の1/4m歩きます。

すなわち、一分間ごとに歩く距離は前の一分間の半分なっていくが、時間は永遠にあって、亀は無限に歩き続けます。

さて、亀は、いったいどれくらいの総距離を歩くことができるでしょうか?

んー、10mぐらいは行けるでしょうか?

必ず前に行くのは確かなので、時間が経てば、いつかは10mを越すことができそうな気もします。

直観力が優れている方ならパッっとイメージできるかもしれません。


さて正解発表です

正解は“2mに限りなく近づく”です。

これを本では数式を使って説明していますが、2mの長さの帯をイメージするとわかりやすいです。

最初は1m、次の長さは1.5m、その次は1.75m、そのまた次は1.875mというふうに、2mに限りなく近づく様子がイメージできます。

雑学を覚えたくて買った本ではないのですが、ついついわかりやすい話に目が向いてしまいます。

本当は、経済やマーケティングなど、高次元な数学を用いて、数式やグラフで表すことができたらカッコイイのですが・・・

やはり数学は教科書から勉強し直さないと身につかないのでしょう。

でも、具体的に仕事に役に立つということがわかっていれば、学生時代よりは楽しく学べるのだと思います。
スポンサーサイト



テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

プロフィール

gaku+

Author:gaku+
ニックネーム GAKU(本名:まなぶ)
1974年生まれ B型 水瓶座
平成6年から都内の某放送通信系企業に就職
技術・営業・企画と携わり現在に至る

カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ACCESS