FC2ブログ

ビジネスと社会貢献

最近会社から歩いて行ける場所に、たこ焼きを食べながら酒を飲み、カラオケまで歌え、夜はサラリーマンたちで賑わっている場所があると聞き、「一体どんなところだろう?」と気になっていました。

カンブリア宮殿を観てその正体が分かりました。

それは、日本一のたこ焼きチェーン『築地 銀だこ』を展開している㈱ホットランド社が手がけている『ホット横丁』というものでした。

ホット横丁とは、B級グルメ店のフードコートのような場所です。うわさ通り、カラオケも楽しめるようです。

被災地の石巻では、震災から僅か4ヶ月後の昨年7月にホット横丁がオープンしました。

通常の店舗ですと、建物が出来上がるまでに時間がかかりますが、ホット横丁の特長として、個々の店舗はトレーラーハウスでできているため、移動も含めてスピーディーに構築することができます。

ホットランドの佐瀬社長は、ある一人の社員のお父様が石巻で津波にさらわれたという話を聞きます。

「現地では温かい食べ物が求められています。たこ焼きはみんなに喜ばれると思う」という社員の言葉を聞き、すぐ現地へ炊き出しに行きました。

現地では歓迎の声と拍手で迎えられ、行列まで出来ました。

「このままでは終われない」佐瀬社長はそう感じたそうです。

そして、小さくてもいいから石巻に銀だこを出店したい。

そう考え、物件探しに回りますが、建築資材も乏しく諦めるしかありませんでした。

試行錯誤の末、たどりついたのが、『ホット横丁』だったのです。

ホット横丁では10店舗以上が軒を連ねます。

なによりも素晴らしいのは、そこに集まるのは地元の“お客様”だけではないということです。

100人ほどの雇用も同時に生み出しているのです。

地元の方々にとって仕事があるということは、生活をしていくうえで何よりも大切なこと。

これこそ、大きな社会貢献です。

驚くことにホットランド社は、昨年の12月に本社を石巻市に移しました。

そして、地元の水産業を立て直そうと、銀だこで使用するタコの養殖や水産加工業なども、石巻で出来ないかと真剣に考えています。

ホットランド社の幹部たちは、社長を含めほとんどが高卒以下でアルバイトからの叩き上げです。

佐瀬社長も自らおっしゃっていますが、「我々は雑草集団である」と。

優秀な人が何人集まろうと、頭で考えるだけで行動に移さなければ、やらないのと同じ。

スピード、パワー、そして団結力の大切さを教えてくれます。

またそれと同時に、ビジネスと社会貢献のあり方についても、考えずにはいられません。
スポンサーサイト



テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

プロフィール

gaku+

Author:gaku+
ニックネーム GAKU(本名:まなぶ)
1974年生まれ B型 水瓶座
平成6年から都内の某放送通信系企業に就職
技術・営業・企画と携わり現在に至る

カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ACCESS