FC2ブログ

地味でも突き詰めれば

東京の百貨店に開店前の朝早くから長蛇の列。

お目当てはキッチン売り場でこの日限定販売の「バーミキュラ」という名前の鍋です。

失礼な言い方ですが、鍋なんか買うためにわざわざ並ぶ光景が現実に起こるなどとは思いもつきません。

しかも1個2万円以上と高額です。

さぞかし、外国製の優れた鍋なのだろうと思いきや、実は名古屋市にある小さな町工場が開発した製品なのです。

一日120個までしか生産できないそうで、ネット販売ではなんと1年3ヶ月待ちといいますから、驚かずにはいられません。

この鍋の一番の特長は、水を使わずに煮込み料理ができること。

鍋いっぱいに肉や野菜を敷き詰めて蓋をして弱めの火加減で煮込みます。

すると、あ~ら不思議。

素材から水分が出て鍋を満たしてくれるのです。

また、栄養分が外に逃げにくいという点でも優れ物なのです。

その秘密は、鍋の高い密閉性と鍋の内側から放出される遠赤外線にあります。

元々この町工場は、老舗の機械部品の下請け会社でしたが、不況の中、このままでは会社が危ないということで、立ち上がったのが社長の二人の息子たちでした。

サラリーマンを辞めてまで、父親の会社を救いたいと考え、必死の努力で自社製品という新しい扉の開拓に注力しました。

そして完成したのが、今までどこでもありそうでなかった鉄の鍋でした。

この『バーミキュラ』は僅か2年でこの会社の売上の半分以上を占める主力事業となったのです。

このITの時代に、はるか昔から存在する鍋という製品でさえ、突き詰めれば、まだまだ改良の余地があったということです。

IT時代のビジネススキームは非常に複雑難解です。

良く思いつくなぁと感心するようなものばかりです。

しかし、それにばかり囚われ、シンプルなものに対して見落としている点がまだまだあるのかもしれません。
スポンサーサイト



テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

プロフィール

gaku+

Author:gaku+
ニックネーム GAKU(本名:まなぶ)
1974年生まれ B型 水瓶座
平成6年から都内の某放送通信系企業に就職
技術・営業・企画と携わり現在に至る

カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ACCESS