FC2ブログ

チーム力が世界を変える

日本人IT技術者として常に最前線第で活躍されているグーグルの及川卓也さんのリーダーシップは、エンジニアのみならず、組織を率いるポジションの人にとって、あるべき姿を教えてくれます。

グーグルは、世界から選びぬかれた天才集団が集まる企業です。

エリート意識も強い、個性派ぞろいの頭のいいメンバーを何十人もまとめていくのは至難の業でしょう。

それを成し遂げているのは何なのでしょうか?

及川さんはこう語ります。

「世界を変えるっていうことは、志を高く持ち、今までの仕組みを変えること。

仕組みを変えることによって、新しい価値観を社会や人々に提供することになる。

きちっとその目標を明確にし、志を高くするということ。

これがすなわち、世界を変えていくことにつながる。」

及川さんは元々自ら優秀なプログラム開発者で、マイクロソフトのWindowsの開発にも携わるほどです。

頭角を現すに連れ、重要プロジェクトのリーダーに任命されることになります。

自分でやったほうが早いし、うまくいくと何度も思ったそうですが、やがて一人でできることの限界を知ります。

そんなとき昔の上司に言われた一言が蘇ります。

「人の心の痛みがわからなければ、人の上には立てない」

人と人とのつながりを大事にし、相手の心を理解すること。

自分の意見を押しつけるのではなく、相手の話に耳を傾け、仕事を任せて自分は助言に徹するほうに回りました。

すると今まで見えていなかった光景が見えるようになります。

メンバー1人1人の個性や長所であったり、誰と誰を組み合わせると、力を発揮してプロジェクトを成功に導くことができるかなどです。

世界を変えるのはチーム力であることを確信したのです。

ほかにも、及川さんのリーダーシップに学ぶべきことがたくさんあります。

■リーダーは、ときとして誰かに憎まれてでも決断する勇気を持っていなければならない。
⇒大きな舵を切るのもリーダーの役割。そんなとき全員がハッピーになるとは限らない。
 痛みを伴う場合もあるがそれを恐れてはいけない。

■同じリスクなら、世界を変えるほうのリスクを取る。
⇒すべてのことに対してリスクはあるし、同じことを続けていたとしても、リスクはある。
 同じリスクなら、未来だとか夢だとかに向かってリスクを積極的に取っていくべき。
 それが世界を変えることにつながる。

リーダーとして一番重要なことは、知識や技量よりも、高い志を持ち、決してブレないということです。

そしてリーダーの力量がチーム力を決めることは間違いありません。
スポンサーサイト



テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

プロフィール

gaku+

Author:gaku+
ニックネーム GAKU(本名:まなぶ)
1974年生まれ B型 水瓶座
平成6年から都内の某放送通信系企業に就職
技術・営業・企画と携わり現在に至る

カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ACCESS