FC2ブログ

数値化の目的

あらゆる経営指標は数字で表されます。

健康診断も数字で表わされるものがほとんどです。

数値化する意味の一つは、基準を明確にし、それが良いのか悪いのかなど客観的に判断できるようにするためです。

会社の上層部に行けば行くほど、この数字が非常に大切となってきます。

抽象的な情報をもとに誤った経営判断をするわけにはいかないという責任があることや、現場から遠のくために数字でしか追うことができなくなってくるという事情もあるでしょう。

そしてなによりも、一事が万事ではなく、広い視点で見るためにも必要となってきます。

よく上層部から「あの数字どうなっている?」とか「今度からこういう風に数字で報告して」というリクエストが来ます。

過去数年間のトレンドを知りたい場合もあれば、毎週あるいは毎日報告が必要なデータもあります。

コンピュータで自動計算し、ボタン一つで出力できればベストですが、大抵何らかの手作業が発生し、データを抽出するまでに時間がかかり、いつの間にかデータ抽出作業自体が仕事になってしまう場合があります。

本来の目的を掘り下げて考えてみますと、さきほども言いましたように、まずはそれが良いのか悪いのかなど客観的に判断する意図があります。

ですが、これだけで終わってしまっては意味がありません。

良いか悪いかなどが分かることによって、ではどうすれば改善できるのか?または、より良くなるのか?

つまり、分析した結果をもとに次のアクションプランを考え実行に移すことこそが数値化の目的です。

ただ漠然と良くない状況の中で、何かの改善策を講じようにも、それは暗闇でむやみやたらに鉄砲を撃つようなものです。

ですから分析があって、分析をするためには、数値化されたデータが必要となります。

ただし注意点としては、数字も見方によって色々と解釈できうるものであることを認識しておく必要があります。

データはなるべく多く取れるに越したことはありません。また、トレンドで見るという習慣が大切です。
スポンサーサイト



テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

プロフィール

gaku+

Author:gaku+
ニックネーム GAKU(本名:まなぶ)
1974年生まれ B型 水瓶座
平成6年から都内の某放送通信系企業に就職
技術・営業・企画と携わり現在に至る

カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ACCESS