FC2ブログ

成功へのヒント

昨日ご紹介した『君と会えたから・・・』の著者である喜多川泰さんが書いた本は、どれもAMAZONのカスタマーレビューにおいて、高い評価を受けています。

特にこれから社会人を迎える学生さんに読んでもらいたい作品が多いのですが、大人になってからも十分ためになる内容です。

今日ご紹介する『上京物語』は、最近初めて読んだのですが、まるで私が社会人になってから長い間、色々と悩みぬいてきたことの答えが記されていました。

上京物語

最近になってようやく自分自身で辿り着いた答えもそこにはありました。

もっと早く巡り逢えたら良かったのにとも思いましたが、今の自分なりに似たような価値観をこの本で確認できたことは非常に大きいです。

この本が教えてくれることはたくさんありますが、特に印象的だった3つをご紹介します。

■貴重な財産である「時間」を投資すれば、大きなものとなって返ってくる。

5時間アルバイトをして5,000円というお金にすぐ換えることはできるが、その時間を別のことに充てることで、もっと大きなものが得られるかもしれないという考え方が大事であることを教えてくれます。

■自分が一生をかけてやりたいと思えることは、時間をかけて、真剣に取り組み、工夫を重ねた経験があることの中からしか生まれてこない。

ただ漠然と成功したい。起業してもっとお金を儲けたい。お金を準備して何かやりたい事を見つけた時に始めたいなどと考えているうちは、何をやればいいかを見つけることはできない。本当にやりたいことは、思いつきでパッと閃くものではないということです。このような考えを持っていた時期がある私にとって、痛いほどよくわかります。

■思うようにいかない出来事は、何もなければ退屈な人生に、感動や感謝を与えてくれる。

すべてが思い通りに行くとしたら、蛇口の水をひねれば水が出るのは当たり前と感じてしまうのと同じで、感動や感謝の気持ちを忘れてしまう。
自分が病気になって初めて健康であることのありがたさを知ることや、親が亡くなって初めて親のありがたみを知るとか、辛い事があるからこそ、その反対のことも感じることができるということです。
この言葉は、失敗を恐れずに挑戦していくことが大事だという意味にもつながってきます。

これら3つの言葉は、社会人としてこれから何かを成し遂げたいと考える人たちにとって、成功するための重要なヒントとなるでしょう。
スポンサーサイト



テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

プロフィール

gaku+

Author:gaku+
ニックネーム GAKU(本名:まなぶ)
1974年生まれ B型 水瓶座
平成6年から都内の某放送通信系企業に就職
技術・営業・企画と携わり現在に至る

カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ACCESS