FC2ブログ

判断を習慣化する

会社の設立から解散まで、その運用にあたっては、会社法という法律に基づいて正しく行われる必要がありますが、これと同じように社内の意識決定においても、決裁基準というルールがあります。

これは、誰がその決断を下す権限があって、誰の責任かを明確にしておくために必要です。

役員会での承認が必要なもの、稟議申請で社長決裁が必要なもの、社長までは必要ないが、部長決裁が必要なものなど、案件の内容に応じて定められています。

しかし、現実には決裁基準のいずれにも当てはまらないようなイレギュラーなケースで判断を求められることがよくあります。

例えば、よくあるのが「これってどの部署で対応すべき業務?」という類。

何か新しい事を始めようとするとき、大抵この問題がセットになってきます。

業務フローや役割分担を交通整理するのも、企画の仕事の一つだったりします。

どの部署の誰に決定権があるというわけではないのですが、私が仕切る際に考える大切なポイントが2つあります。

一つは、目的を明確にし、共通課題であることを認識させること。

もう一つは、その業務を行う部署はどこが相応しいのか、パワーバランスで考えるのではなく、組織として役割分担のあり方で考えることです。

面倒な業務はあまり引き受けたくないというのが誰しもの本音です。

なかなか率先して「やりましょう」という声も少ないのが実情ですが、だからこそ、論理的に妥当と思える判断軸を用意しておく必要があります。

中堅どころが集まって議論する場であれば、その場で決定したいものですが、上司の判断を仰がないと決断が下せないという人がいます。

自分より目上の人たちにその業務をやってもらうのであれば、上司にお伺いを立てるのは当然ですが、自分以下の人たちにやってもらう業務であれば、上司に相談する前に、まずは自分の頭で考えてほしいものです。

その業務は実際に行うとどのような工程で、どの程度のボリュームで、どの程度の負荷がかかるのか?

また、それを下の人たちに快く受け入れてもらうためには、どのように説明すればよいか?

それを考えることが先決です。

相談される上司の側としても、そのような判断材料が必要だからです。

上司に対して状況説明だけをして「どうしましょう?」という相談の仕方は、新人社員ならまだしも、中堅社員がやるべきではありません。

また上司の側も、相談されたからといって、何でもかんでも丁寧に答えてしまうのも良くありません。

部下を育てる意味でも自分の頭で考えさせる必要があります。

したがって、こういう相談を受けた場合は「それで君はどう思うの?」と質問を返さなければいけません。

上に行けば行くほど、大きな決断を自ら下すことが求められます。

ですから、若いうちから自分の頭で判断する習慣を身につけておくことは、とても大切なことなのです。
スポンサーサイト



テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

プロフィール

gaku+

Author:gaku+
ニックネーム GAKU(本名:まなぶ)
1974年生まれ B型 水瓶座
平成6年から都内の某放送通信系企業に就職
技術・営業・企画と携わり現在に至る

カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ACCESS