FC2ブログ

企画という仕事

私は企画という仕事に携わるようになり、心構えとして常に気をつけていることがあります。

それは、新しいアイデアを追い求め、実行に移していくという過程まではできたとしても、結果が伴わなければ意味がないという考えです。

結果を度外視して、これを実行することが仕事だと思うようになったら終わりだと、私自身に言い聞かせるようにしています。

これは経営者の立場になって考えてみれば説明の理由はいりません。

無駄なことを思いつき、コストを掛けるぐらいなら、その費用を削減したほうが経営としては健全だからです。

しかし、企業は目先の利益さえ良ければいいという訳ではありません。

常に新しい事に挑戦し、イノベーションを興していく必要があります。

だからこそ、企画の仕事は、最後の最後まで責任を持って、結果にこだわる必要があります。

他者の協力がうまく得られないのを失敗の理由にあげるぐらいなら、自分が一から十まで全部やるぐらいの覚悟が必要です。

これは綺麗ごとではなく、私の過去の経験からいえることです。

それと、新たな企画に対し、妥協という選択をすると間違いなく失敗します。

そもそも、全力でやらなくても上手くいくぐらいなら、とっくに上手くいっているはずだからです。

それに失敗したときの原因も、そもそもその企画がダメだったのか、妥協したからダメなのかということさえ、わからなくなります。

ですから結果を出すためには、身を粉にして全力を尽くすことが最低限必要なのです。

しかし、その企画が見事成功したときの喜びは計り知れないものがありますので、それだけ客観的に厳しく自分を評価する意義は十分あるのです。
スポンサーサイト



テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

プロフィール

gaku+

Author:gaku+
ニックネーム GAKU(本名:まなぶ)
1974年生まれ B型 水瓶座
平成6年から都内の某放送通信系企業に就職
技術・営業・企画と携わり現在に至る

カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ACCESS