FC2ブログ

直感と理性

アメリカの大学の研究で様々な年齢のカップルを対象に次のような調査が行われました。

グループを2つに分け、一つのグループにはこう質問しました。

「今の相手と長い間一緒にいると思いますか?」

もう一つのグループにはこう質問しました。

「今の相手と長い間一緒にいる、あるいはいないと思う理由はなんですか?」

前者は“直感”で答える質問、後者は理由を考えるため、“理性”で考えて答える質問という違いがあります。

この調査の目的は、“直感”と“理性”どちらで答えたほうが正しい答えを導くのかということでした。

実際に9ヶ月後にそのカップルを調べたところ、直感で答えたグループのほうが、圧倒的に正しく答えていることがわかりました。

これは一緒にいると答えたカップルも、いないと答えたカップルも同じ比率で正しかったのです。

直感の力は大きいという一つの事例です。

しかし、この結果は、直感は重要だが、理性はさほど重要ではないということを意味するものではありません。

直感は、「今欲しいものは何か」を教えてくれるものですが、これには目の前の甘い誘惑も含まれます。

一方、理性は「将来欲しがるべきことは何か」を教えてくれます。

たとえば、ダイエットをしてあと5キロ痩せたいと思っていても、目の前に差し出されたケーキを我慢できずに食べてしまい、結局いつになっても痩せられない。

つまり直感にもマイナス面があるということです。

ここで重要なことは、直感と理性をどう折り合いをつけてバランスを取るかということです。

直感は“今”を教えてくれるもの、理性は“将来”を教えてくれるものですが、実はその間の空白が見えない(イメージできない)というところが一番の問題です。

問題点がわかれば、あとはここをどうやって埋めていくかだけです。

色々あるとは思いますが、シンプルに考えれば一つはこの空白期間を可視化することです。

私も苦手なほうですが、成功者と呼ばれる方がよく実践しているのは、スケジュール帳を作って細かい目標を落としこんでいくという方法です。

このようなことを習慣にすることができれば、思い描く理想が現実になる可能性が高まるのだと思います。
スポンサーサイト



テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gaku+

Author:gaku+
ニックネーム GAKU(本名:まなぶ)
1974年生まれ B型 水瓶座
平成6年から都内の某放送通信系企業に就職
技術・営業・企画と携わり現在に至る

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ACCESS