スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強みとリソースの活用

今、日本企業の多くは変革を遂げなければならない時代に突入しています。

モノはコモディティ化し、溢れる情報はフリーに向かい、その価値は刻々と下がってきています。
 
バブル崩壊から長引く不況、リーマンショック、円高。

それに追い打ちを掛けるように起きた昨年の大震災。

さらには、これから数十年の間、日本は世界に例を見ない超高齢化社会に突入し、人口は減少していく中で、首都直下型地震の脅威にもさらされています。

日本にとっては、暗いニュースが続きますが、歴史を遡れば、これは明治維新か太平洋戦争と同じくらい大事な歴史の転換点を迎えているとも考えられます。

ですから、この試練を変革のための大きなチャンスと捉えられるかどうかが、我々国民一人一人に突きつけられた課題なのではないでしょうか。

とはいえ、外需も内需もなかなか抜本的な解決策は見出せていないというのが実情です。

しかし、今は試行錯誤のときなのだと思います。

私は企画の仕事がメインですが、不況の今だからこそ、広告営業に力を入れようというプロジェクトを立ち上げ、自ら営業にも回っています。

実際に現場に出てみるとわかるのですが、高齢者向けの新たなビジネスや、高齢者にターゲットをシフトし始めている企業の存在に気づかされます。

そして、世の中にそれを認知させるために、効果的なPR活動をしたいというニーズがあることもわかりました。

広告営業は、会社創業の時代から取り組んでいる事業の一つです。

但し、メインの事業活動ではなく、また営業しても簡単にクライアントが見つからないという理由で、今まであまり力を入れてはきませんでした。

しかし、これからの時代は私の勤める会社にとっては、広告営業にチャンスが隠されている。

“高齢化”というキーワードだけでなく、いくつか他にもキーワードがあり、それらが今の時代にマッチしていると考えたのです。

変革を遂げるといっても、奇をてらって、全く新しい事業に着手することが賢い選択だとは思いません。

単なる思いつきで始める慣れないビジネスを展開しても、リスクが大きすぎます。

先日カンブリア宮殿で紹介されていた四季リゾーツ社は、国内の超格安旅行を提供する会社です。

好景気時代に社員の福利厚生のために建てられた企業の保養所を無償で借り上げ、人件費や光熱費などの維持コストを全て負担する代わりに、空室を一般に開放するというビジネスモデルを展開し、爆発的な人気を集めています。

こうしたリソースの有効活用が新たなビジネスチャンスにもなりえるという一つの事例です。

まずは自社の強みは何なのかを考え、そして今あるリソースの有効活用を考える。

変革への第一歩は、まずはここから始まるのではないでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【強みとリソースの活用】

今、日本企業の多くは変革を遂げなければならない時代に突入しています。モノはコモディティ化し、溢れる情報はフリーに向かい、その価値は刻々と下がってきています。  バブル崩

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gaku+

Author:gaku+
ニックネーム GAKU(本名:まなぶ)
1974年生まれ B型 水瓶座
平成6年から都内の某放送通信系企業に就職
技術・営業・企画と携わり現在に至る

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ACCESS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。