スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマートな世界

スマートフォンをはじめとして、スマートTV、スマートグリッド、スマートハウスなど、最近「スマート」と名のつく言葉が次々と生まれています。

「スマート」とは、直訳すると「賢い」という意味ですが、果たして「スマート○○○」が意味するものは何なのでしょうか。

ここ近年飛躍的に“賢くなった”といえば、データ処理能力、通信機器の小型化、ネットワークインフラの発達などの情報処理技術です。

インターネットの世界では、メール、Web、SNS、オンラインゲームなどの活用が盛んですが、スマートフォンの登場で、より一層の普及が進んでいます。

ここまでは、今日までの歩みです。

これらは、PC、サーバ、携帯端末などの情報機器がネットワークにつながり、情報交換を行なってきたわけです。

今後においては、自動車、家電、工業機械など、現実世界のありとあらゆるモノ(機械)がネットワークに接続され、モノとモノ、あるいは人とモノとが直接情報交換やお互いの制御を行なう世界が実現されていくでしょう。

コンピュータネットワークに繋がれた機械同士が人間を介在せずに相互に情報交換し、自動的に最適な制御が行われるシステムや仕組みをM2M(「Machine to Machine」の略)と呼んでいます。

通信機器が小型化され、各種の装置に容易に組み込むことが可能になったことと、通信ネットワークの整備と無線通信技術の発展が実現の土台となっています。

すでに自動車のGPS情報や、エレベータの遠隔監視、自動販売機の遠隔監視による在庫管理、駐車場管理など
が実用化されており、これらはM2Mと呼べますが、それぞれ独立したシステムとなっています。

それでも費用対効果が見い出せるから実用化されているわけですが、仮に家庭内のあらゆる家電がM2M化したところで、その便益にはどれほどの価値があるのでしょうか。

開発費用と維持コストを個人に負担させるのではなく、ほかの何かに転換できなければ、いくら便利であっても普及は進まないでしょう。

ところが、各家庭から抽出されるあらゆるデータはマーケティング情報ですから、これらを集めることで十分ビジネスチャンスが生まれます。

たとえば冷蔵庫の中身が少なくなったときに、自動的に食料や飲料を届ける宅配ビジネスを考えたら、宅配業者が冷蔵庫に取り付ける通信モジュールの取り付け工賃や通信料を負担してまでも、やる価値はあるでしょう。

もっと応用すれば、エアコンが数日冷房でかつ、冷蔵庫の中身が少なくなってきたら、冷えたビールが届けられて、反対にエアコンが暖房だったら、日本酒が届けられるとか。

ですから、今後期待されるM2Mとは、同類のモノやシステムという枠にとらわれず、あらゆるモノ同士が結び付き情報をやり取りすることです。

そして、その組み合わせによって新たな価値を見出していくこと。

スマートな世界は、おそらく公共、交通、流通、医療などの社会インフラから広がっていくものと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【スマートな世界】

スマートフォンをはじめとして、スマートTV、スマートグリッド、スマートハウスなど、最近「スマート」と名のつく言葉が次々と生まれています。「スマート」とは、直訳すると「賢...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gaku+

Author:gaku+
ニックネーム GAKU(本名:まなぶ)
1974年生まれ B型 水瓶座
平成6年から都内の某放送通信系企業に就職
技術・営業・企画と携わり現在に至る

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ACCESS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。