スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

省エネ対策

昨年夏の電力不足問題を乗り切ったのは、日本国中の企業や家庭の努力です。

今年も全国で暑い日が続くといいますから、節電対策は引き続き行われていくのでしょう。

単に暑さを我慢するというだけでなく、電気を極力使わないで温度を下げるという省エネ技術は、これからますます注目を集めそうです。

ガイアの夜明けで取り上げていましたが、気温上昇に影響のあるアスファルトや外壁や屋根に対し、水を噴射したり、材質に工夫を凝らしたりすることで、周囲の気温を1~2度下げるという取り組みが街のあちこちで始まっているようです。

特に面白いと思ったのが、“溶岩パネル”というやつで、厚さを均等にカットした実際の溶岩を接着剤でパネルに貼り付け、そのパネルを外壁等に貼っていきます。

そこに水を掛けると、溶岩にしみ込み、通常の石材に比べると長く水分を保つことができ、その間周囲の温度が下がるという仕組みです。

これは、溶岩には自然の中で生まれた多孔質の穴があり、水分を吸収しやすい性質があるからです。

さらに年数が経てば、コケが生えて緑化によって二酸化炭素の排出を抑える効果も得られるのです。

この溶岩パネルは、河川や高速道路の一部など、公共事業で使われることがほとんどでしたが、民家から注文されるケースも出て来ているようです。

実際に溶岩パネルを貼った効果で、玄関から入っている風も涼しくなったと注文した住民の方も喜んでいました。

省エネも一つのビジネスです。

日本で省エネ対策がもっと進めば、世界に向けてのビジネスチャンスに発展するかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : 気になったモノ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gaku+

Author:gaku+
ニックネーム GAKU(本名:まなぶ)
1974年生まれ B型 水瓶座
平成6年から都内の某放送通信系企業に就職
技術・営業・企画と携わり現在に至る

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ACCESS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。