スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必要とされる会社

今日は久々仕事の付き合いで銀座に出没して飲んでいました。

過去に仕事でお世話になった、今は現役を引退された方と、その方を通じて紹介された方と私の3人です。

紹介された方は、10年以上前に独立された会社の社長で、最近今の仕事に強い危機感を抱いており、近い将来、私の勤める会社から仕事の依頼をもらえないかという相談を受けました。

その社長は、「今仕事が少なく、多くの社員たちから不満の声が上がっている。何とかしたい」と本音を吐露されました。

昔から知る仲介役の方も必死でフォローします。

話の途中でいくつか質問が浮かびましたが、私から話しかけるタイミングもないぐらい必死で語りかけてくる様子を見て、私はうんうんと頷きながらも、本当に切羽詰まっている状況であることがひしひしと伝わってきました。

私は残念ながら、会社役員ではないため、決裁権はありません。

ですが、実務においては、たくさんの会社の機密情報も含め、動きは把握しているつもりです。

ですから、私の立場でこの会社を使うべきと上申することは可能です。

しかし、個人的な感情で仕事をあっせんするようなことがあってはならない。

私は一般論として、生き残るためには他の会社とどう差別化すればよいかという点だけアドバイスをしました。

あとは、その会社の努力次第です。

私の会社にとっても、その会社を採用することが理に叶っているのであれば、そう決断すればよい。

ただそれだけのことです。

相手は何を必要としているのか?

常にそのことを考え、そのニーズを満たしていく。

これからも必要とされる会社かどうかはこれに尽きます。

改めてこのシンプルな法則を考えさせられる時間でした。
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gaku+

Author:gaku+
ニックネーム GAKU(本名:まなぶ)
1974年生まれ B型 水瓶座
平成6年から都内の某放送通信系企業に就職
技術・営業・企画と携わり現在に至る

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ACCESS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。