FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非言語がビジネスに与える影響

マーケティング活動の一つに消費者アンケートがあります。

消費者ニーズを把握し、そこで得た情報を活かして新商品を開発したり、既存のものを改良したりして市場に投下します。

予めニーズを調査しているのだから、商品は順調に売れるだろうと思いきや、さっぱり売れない。

彼らが本当に感じていることと一致しているとは限りらないということがわかります。

そもそも95%の非言語的に感じていることを的確に回答してもらえていると考えるほうがおかしい。

また、人は過去の経験や記憶を辿ってものごとを認識するというプロセスを考えてみても、世の中にまだ存在しないような真新しい商品のニーズを聞き出すことは無理に等しいです。

この前提を理解しないままアンケートの結果を鵜呑みにしてしまうと、大失敗に終わりかねないということです。

もう一つは、組織で決裁を取ろうとした場合に、どうしても客観的なデータや、事例などを用いて、数字や言語で論理的に裏付けることが必要とされるということです。

「私がそう感じたから」という理由ではなにも進めることができません。

少人数の組織や、社長が独断で決めたことであればまだしも、大きな組織ではそのような仕事の進め方にならざるを得ない。

決裁者からすれば、遠く離れた起案者の意図や事情を事細かに知ることが難しい場合でも、決断を下して責任を取らなければならない場合もあります。

ですから、ある程度の意図や事情を共有できる「理由」が必要とされます。

その「理由」はデータや理論といった言語領域のものにならざるを得ない。

組織にはこのような仕組みが働いており、この仕組みが逆に仇となる場合もあるのだということを理解することが大事でしょう。

ほかにも、職人技と呼ばれる領域をマニュアルにして伝えるのは難しいですし、接客についても果たしてマニュアルに沿っていればいいのかとか、パワハラ・セクハラに関する指導要綱も、「なんだこれ?」と首を傾げてしまいたくなるような記載があったりします。

非言語という領域の存在を知り、それがある前提でどう考えるかという視座を持つべきでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gaku+

Author:gaku+
ニックネーム GAKU(本名:まなぶ)
1974年生まれ B型 水瓶座
平成6年から都内の某放送通信系企業に就職
技術・営業・企画と携わり現在に至る

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ACCESS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。