スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南海トラフ巨大地震

政府が発表した新想定では、津波は関東から九州にかけて広範囲に渡ります。

最悪の場合、死者は32万人といわれ、これは東日本大震災のような千年に一度クラスの巨大地震を想定し、科学的にあらゆる可能性を考慮した結果、従来の想定よりも13倍の被害想定となったわけです。

津波によって32万人の死者が出るという予測は、地震直後に避難する人を2割、津波情報を確認してから避難する人を5割、津波を目撃してから避難する人を3割と想定した場合です。

地震直後にすぐ避難すれば、死者は6万人までに減らすことが可能だといいます。

しかし、地域によっては現実的に短時間で避難することが困難なところもあります。

高台まで避難するといっても、距離が遠かったり、巨大地震が起きれば道路は建物が倒壊して通れなかったり、電柱が倒れれば、電線に触れて感電する危険もあります。

これが深夜の暗い時間帯ともなれば一層困難となります。

人間の善意の心、助け合いの心というものが逃げ遅れの原因となることも容易に想像がつきます。

また、東日本大震災でも実際にありましたが、指定避難場所である役所、病院、学校、幼稚園などが水没し、避難場所にならないことも問題です。

無事に避難できたとしても、生活に欠かせないこれらの公共施設を失ってしまっては、町は機能しなくなります。

高台移転を検討する病院もありますが、これには莫大な費用が掛かり、病院側や自治体の力だけではどうすることもできません。

国からの支援が不可欠だといいます。

しかし、長い年月をかけてのんびりやっていては、いつ襲ってくるかもしれない巨大地震への対応に間に合わなくなってしまいます。

連日領土問題が報道されていますが、それ以上に日本の本州・四国・九州をどう守るのかのほうが遥かに重要な問題です。
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gaku+

Author:gaku+
ニックネーム GAKU(本名:まなぶ)
1974年生まれ B型 水瓶座
平成6年から都内の某放送通信系企業に就職
技術・営業・企画と携わり現在に至る

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ACCESS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。