スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

管理職の仕事

上からは叩かれ、下からは突き上げられ、その間に立つのが管理職です。

なぜそういう構図になるのか?

それは上から下まで同じ目線とベクトルで仕事が進んでいないからであり、それを調整し、円滑に仕事を進めるようにするのが間に立つ管理職の役目です。

しかし、調整といっても、上の意見を下にどうやって説得すべきか、または下の意見を聞いて、上との妥協点をどうやって探ろうかという考えでは、決して答えは見つからないでしょう。

対立関係の中に潜り込み、両者の言い分を聞いたうえでどこかで線引きしたところで、それは両者にとってどこか納得のいかない後味の悪い結果に終わるでしょう。

ではどうすればよいか?

まず一番大事なのは自分の軸と信念を持つこと。

そして、見出した新たな第三のターゲットに目を向けさせ、そのためにどうあるべきかを問うことです。

対立軸から脱却し、第三のターゲットを照準に議論することでお互いの理解を深めることにもつながります。

それはたとえ間違っていてもいい。やらないよりはずっといい。

もし、間違っているということを対立関係にある両者から指摘されれば、それは両者にとって一つの共感が生まれるチャンスでもあります。

また、自分の部下たちのパフォーマンスを最大限引き伸ばすことが管理職としての大きな仕事であり、部下が細かい業務や知識の点で自分より優れているからといって、決して上に立ってはならないということにはなりません。

管理職としてやるべき仕事はなんなのか?

それは管理職だからこそ、自分にしかできない果たすべき仕事が確実に存在します。

そのことに対して真剣に向き合うべきです。
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gaku+

Author:gaku+
ニックネーム GAKU(本名:まなぶ)
1974年生まれ B型 水瓶座
平成6年から都内の某放送通信系企業に就職
技術・営業・企画と携わり現在に至る

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ACCESS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。