FC2ブログ

未来を語る

今、必要とされる企業人で取り上げました10項目のうち②の「未来を語れること」は、最も難しい部類の能力でしょう。

未来を語るためには、時間軸で考えなければなりません。

そのためには、少なくとも過去と現在をまず知る必要があります。

市場からみた場合(マクロ)と消費者からみた場合(ミクロ)の両方から俯瞰することが求められます。

そして、未来を想像します。

明るい未来もあれば、暗い未来もあるでしょう。

浮かび上がったことは真摯に受け止めなければなりません。

たとえ暗い未来が想像されたとしても、それはリスクであり現実ではありません。

従って、どうすればリスクを回避し、明るい未来にすることができるかを思い描く必要があります。

そのためには、企業理念に立ち返り、熱い情熱をもってイノベーションを興す決意が必要です。

正しいかどうかなんて、結果が出るまで誰にもわからない。

でも、少なくとも未来はあるべき姿に向かって進んでいることは間違いないと思うのです。

そのあるべき姿とは未来を描いた人に訪れる。

宝くじを買わない人は絶対に当たらないとの同じようなことがあるような気がします。

ドラえもんの道具だって、本当に実現しそうなことはありますよ。「タケコプター」や「ほんやくコンニャク」なんか(笑)

大ボラでもいいから未来を想像してみるって大切なことかもしれません。
スポンサーサイト



テーマ : 意見・つぶやき
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gaku+

Author:gaku+
ニックネーム GAKU(本名:まなぶ)
1974年生まれ B型 水瓶座
平成6年から都内の某放送通信系企業に就職
技術・営業・企画と携わり現在に至る

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ACCESS